何回も訪れたくなるハワイ~そんなハワイを始め旅日記や日常の事を書いていきたいと思います。 よろしくお願いします。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

haupia

Author:haupia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ワンクリック募金
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ハワイの天気
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR
みんなでわけ合えば、できること。
みんなで分け合えば、できること。
黒髪スカルプ・プロ


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

ひなた

   
ひなたひなた
(2006/01/21)
吉田 修一

商品詳細を見る
 

ある4人家族の話し。
それぞれ複雑に見える家族関係に読み始めは凄く興奮した。
そこで著名な推理作家なら、もっともっとドラマチックな展開に進めるだろう。
だけど吉田修一って、そのスピードを上手い具合に緩めて
緩いなりにも人を惹きつける術を持ってる作家さんだな。
これも好き。

吉田修一さんってバイ・セクシャルな人物をこっそり登場しますね。
パレードもそうだったし、こちらでも本当にちょっとだけ小窓からスミマセンってな風に
登場する。

兄夫婦はお互いに束縛をしない。
結婚してはいるが、お互いに切るに切れない相手が存在する。
そんなの簡単に切れる程魅力も感じてない相手なのに。

だけど、決して夫婦仲は悪くも無く、良くも無い・・。
干渉しない夫婦が巻末の部分で「自信は無いけどここにいたい」
そこで「ひなた」と言う名前が合点が行く。
縁側に座りながら違う方向を見てても良いからお互いの存在が必要。
そんな緩い風景が目に浮かぶ。


恐ろしい程の展開は無いけど何処か素敵な作品です。

| comments(0) | - | page top |

テーマ:  読んだ本の感想等
ジャンル:  小説・文学



<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。