何回も訪れたくなるハワイ~そんなハワイを始め旅日記や日常の事を書いていきたいと思います。 よろしくお願いします。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

haupia

Author:haupia
FC2ブログへようこそ!

最新記事
ワンクリック募金
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ハワイの天気
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR
みんなでわけ合えば、できること。
みんなで分け合えば、できること。
黒髪スカルプ・プロ


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

吉田修一

   
さよなら渓谷さよなら渓谷
(2008/06)
吉田 修一

商品詳細を見る
 

「パレード」を読んで以来、吉田修一さんの本を読むようになった。
吉田修一さんと言えば映画化された「悪人」が思い出される。
これも読んだけど映画を先に見てしまってたので本の方は余り感動も無かったのが事実。

そして「パレード」は本を読んで、その後映画も見たんだけど、映画の方も中々良かった。
特に私の気に入ってるラストシーンの辺りは秀逸だった。
皆誰だって脛に傷持つ身、1つ2つの言うに言われない事ってあるんだよ・・って感じかな。
なんてねーー。
この「パレード」かなり面白いです。

「横道世之介」も映画化?~ドラマ化?されるって聞いて読んでみた。
最初は凄いのんびりした空気感で進んで行くんだけど、その後やはり吉田修一さんらしい
どんでん返しあったね、ストレートな心を持ってる横道世之介。
周りの空気を読む人じゃない彼らしく、実際に起きた山手線で自分の身を顧みず
列車に飛び込んで、女性を助けて身を落とすという彼の人生。
それを聞いて彼の人生に関わって来た登場人物が、それが横道世之介だと納得させられる。
ソレ以外は実に素敵なホームドラマのような感じに思えた。


「さよなら渓谷」
これは何て形容しようか迷うぐらい。
誰も救われない生き方をして行かざるを得ない若い男女の話し。
衝撃的なレイプ事件をキッカケに人生が狂う被害者の女性と加害者の男性が
どういう訳か一緒に暮らしているという誰もが考えられない状況。
二人とも過去の事件を忘れて違う人生を試みるが、何処でも過去の事件によって
新たな生活が遮断されてしまう。

そんな時に偶然にも出会ってしまう二人。
勿論女性より男性の方が追い、レイプ事件を詫びたい気持ちが強かった。
二人が一緒に暮らす事で誰も過去の事件をとやかく言う人もいない・・・当事者だから。

そんな生活の中ふとしたキッカケで女性が男性の前から消えるんだけど
きっとこの二人はお互いに一緒に暮らすしか選択肢が無いと思われるラストです。
二人が再会したら、きっと少しは小さな光が見えるのか?
うん、中々面白い重厚な作品だと思った。

さてさて次は何読もうかな?






| comments(0) | - | page top |

テーマ:  読んだ本の感想等
ジャンル:  小説・文学



<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。